医学書はどう入手する?医学書の取り扱い店・販売価格・便利な電子書籍などに関する情報を紹介!

このサイトでは、医学書に関する情報をご紹介しているので、こうした種類の本に興味を持っている人が読めば、さまざまなことを知ることができます。
取り扱っているお店や販売価格、便利な電子書籍などに関する情報も、このサイトではご紹介しています。
価格が高額であるかについての情報もこのサイトではご紹介していて、販売価格はいくらかについても、このサイトを読めば知ることができます。
中古本は情報が古いこともあるという情報もこのサイトではご紹介しています。

医学書はどう入手する?医学書の取り扱い店・販売価格・便利な電子書籍などに関する情報を紹介!

医学書はさまざまな方法で入手することができます。
一番簡単な方法は書店で購入する方法です。
この方法で購入する時に気をつけなければいけないのは、医学の専門書は一般の書店には置いていないことが多いことです。
さまざまな種類のものを販売しているのは、規模の大きい書店です。
こうしたお店ならば、医学関係の本の専門コーナーが設置されていることもあります。
大きなお店でなくても、医学書を専門に販売している書店もあります。

そもそも医学書とはどのようなものなのか?

そもそも医学書とは、医学を学ぶために医療関係の専門職を対象とした教科書や、必要な研究や論文をまとめた書籍や医書が定義となっている本です。
医療関係の専門職には医者をはじめとして、看護師や薬剤師のほか、放射線技師や臨床検査技師などがいて、それらに該当する医療従事者や今後医学の道に進むことを望んでいる医学生や医療関係の学生が読む本です。
医学書は、薬に関する者や人体の仕組み、さまざまな病気の治療法や知識を掲載しているものであり、同じ医療に関しての書籍でも一般書に比べて専門的な内容となっています。
限定された方向けであり、流通数を少なくて価格が高い傾向があります。
医学書は、専門性が高いことから流通数に限りがあるために一般書店で取り扱っていないこともあり、専門に豊富に取り扱っている書店を探しておく必要があります。
また、古本やでも専門書に力を入れている書店もあり、絶版本を置いているケースもあるので、必要な場合は新品と同時に古本屋で医学書を探すこともおすすめします。

医師や医学生にとって医学書は必須のアイテム

医大に通学する医学生にとって医学書はバイブルと言えます。
医師になってからも十分、医学の知識はありますけど暇つぶしに読むこともあるでしょう。
医学生は、6年も大学で勤勉するのですから時間はあるように見えて、ないような気もします。
休憩時間はひたすらに医学書を読んでいる姿を医学ドラマ等でよく見かけます。
レベルや偏差値も非常に高くて、医学の会話には、はっきり言ってついていけません。
医学のジャンルも様々ありますけど、やはり、オペができる外科が一番人気らしいです。
医学書ではありませんけど、山崎豊子さんの小説「白い巨塔」は医学生や医師の裏バイブルだと思います。
主人公、財前五郎の苦悩や葛藤を描いたこの作品は、これから医師を目指す医学生の方達には、是非、読んで頂きたいです。
これを読んで、医師になった方達も多いのではと思います。
立派なドクターになれるように医学生の皆さんには医学書を毎日、紙に重要な箇所にマーカー線や言葉を書き足してボロボロの雑巾のようになるまで読みふけて下さい。
それが、医師になれる証です。

医学書は美大生や芸大生が使用することもある

医学書は医学を勉強する人が使用するイメージがありますが、美大生や芸大生が使用することもあります。
医学書には体の構造なども記載されているため、デッサンに使用されるのです。
そのため、使わなくなった医学書は医学関連の古本屋に持込むだけでなく、幅広いジャンルを扱う中古買取店に持って行くのもありです。
ただし、専門書であるため飛ぶように売れるわけではないので、状態が良いものを持込む必要があります。
表紙が少しくたびれているぐらいなら良いですが、字が読めない、図柄が判別できないというようなものは、買取ってもらえる可能性が低くなります。
買取ってもらえたとしても、タダ同然の値段になってしまうでしょう。
より高く売るためには、お店よりもフリマアプリなどを使用するのがおすすめです。
自分が好きな値段で販売できるため、売った時の満足度も高くなります。
写真を撮って出品するだけなので、買取店に持って行くよりも手間がかかりません。

医大生はどのような医学書を選ぶべきか

現役医大生がお勧めしている本はどういったものなのか?この記事では選ぶべき医学書の選定方法を紹介していきます。
例えば人生観を変えてくれる本もあったり、自分を救ってくれる本など、悩みを解決するうえでも重要な糧となるはずです。
例えば医学書で話題になった本は、「いのちの値段」というものがあり、医療と費用をめぐる問題にメスを切り込んだ1冊といえます。
人の命はお金で換算することはできませんが、どうしても費用が掛かってしまう現実があるのです。
多く医療費がかかっている病気もあり、命の重みとはどういったものなのかを考えさせられる医学書といえます。
最新医療は本当に人を救っていたのか?適正な医療人は何なのか?など医学のサイド側にメスを入れ、弱者を救うのは偽善に過ぎないのかなどの疑問も生じてくる本です。
医学を志していると、自分の中に色々と疑問が生じてきますが、その都度にぶつかる壁を書をヒントにして乗り越えていきたいものです。